失敗しない!手作りお菓子のコツ〜Sweets Clover〜ホームページ


「美味しいパウンドケーキの作り方のコツ・5」
↓  ↓  ↓
左下の再生ボタンをクリックすると見られます♪
(音が出ますので、ボリュームにご注意ください。)
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2010年10月29日

バニラスフレチーズケーキ


新しいチーズケーキに挑戦しました。

スフレタイプのチーズケーキです。

DSC_0305-01.jpg


子供の頃、コージーコーナーのチーズケーキを食べて以来
スフレタイプのチーズケーキに憧れがありました。

自分好みに美味しく作りたい!!
とずっと思っていたのですが、なかなか良いレシピに巡り合えず
いつしか忘れていました^^;

でも、先日ふと思い出して作ってみました。

シンプルな配合のレシピだったので
グラニュー糖を多めにして、バニラを加えてみました。
このアレンジがどんな結果になるかな〜。。。



焼く時は、天板にお湯をはって蒸し焼きにします。
今回は底が取れるタイプの型なので、
お湯が入らないよう、写真のように
タルト型を置いてからチーズケーキを乗せました。

何故タルト型かと言いますと
ちょうど良い大きさで底の抜けない型が
たまたまコレだったから、と言う理由です。。。


DSC_0288-1.jpg

予定の時間焼いても、少し足りないように感じたので
5分追加しました。


DSC_0293-1.jpg

いい感じに焼けました!

でもこれで完成ではなく
このままオーブンの扉を少しだけ開けた状態にして
オーブンの中で30分、余熱を利用して火を通します。


そして更に、冷めたあと冷蔵庫に一晩入れてから戴くのですが
当然、そんなに待てません^^;

ほんわか温かいうちに、つまみ食いです。。。

かなり柔らかくて、スプーンですくって食べました。

「半熟チーズ」 みたいです♪
この時点でかなり美味しかったので
一晩おいたモノに期待大☆でした。

DSC_0302-01.jpg

一晩おいて、カットしたケーキがコチラになります。

表面の焼き色も、とってもいい感じです。
焼き上がった直後は、少し足りないかな??
と思っていたのですが
焼き過ぎると美味しさが半減するので
これで様子を見る事にしたのですが
一晩冷蔵庫で寝かせたら、少し色が濃くしまって
とっても綺麗になりました♪

DSC_0298-01.jpg

カットした断面です。

今回は15cmの丸型で作りましたが、この大きさでも
中央が崩れちゃう!と、そぉ〜っと運ばないといけない位
柔らかな仕上がりです。


DSC_0300-01.jpg

側面の感じ。。。とっても好きです♪

ちらっと見えているのはバニラビーンズ。
。。。ゴミじゃないです^^;


DSC_0304-01.jpg

このしっとり、ふんわりな感じ。。。
写真では分かりにくいですね。

口に入れると、チーズの香りがふわっと広がるのですが
ケーキ自体は、すっと溶けてしまう感じです。
その後も、チーズが残って、何とも言えません〜♪


DSC_0311-01.jpg

あ!やっと、バニラビーンズが見えてきました〜。

やっぱり、バニラを加えて正解でした☆
生地の味見をした時に、甘さが足りなかったのでグラニュー糖を追加。
バニラの香りと良く合って、ちょうど良い甘さになりました。



息子が物凄い勢いで食べてくれました。
感想を聞いたら、今までで一番だった
「とろとろ・まったり〜なプリン」 と同じ位一番美味しい!!
と言ってくれました♪

この 「バニラスフレチーズケーキ」は
私の中でもかなりの上位に入りました☆


久し振りに思い出して作ってみたら、成功で嬉しかったです。


しかし、カットして戴くには、ほんの少しだけ柔らかいかな〜。
もう少し配合&焼き方を工夫してみたいです^^v




posted by chako at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 試作中のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

モンブラン ナッペバージョン


モンブランですが、専用の口金が無くても
簡単に作れます。


また、専用の口金を持っていても
絞り出しが上手くいかなかった時
この方法で立ち直る事が出来ます♪

モンブラン 〜ナッペバージョン〜
023-01.jpg



作り方は、こんな感じです。

007-01.jpg

天板で焼いたジェノワーズ(スポンジ生地)を
丸くくり抜きます。


015-01.jpg

くり抜いたジェノワーズにシロップを刷毛で打ち
クレームシャンティ → マロンクリーム
の順に薄くナッペします。


016-01.jpg

その上に、栗の渋皮煮を乗せます。


017-01.jpg

栗を隠すように、マロンクリームをナッペします。


018-01.jpg

マロンクリームを隠すように
クレームシャンティを、山の形に
こんもりとナッペします。


023-01.jpg

マロンシャンティをナッペします。
スパチュラで、下から上に撫でるようにすると
上手に形作る事が出来ます。


仕上げに、粉糖(ノンウエットタイプがベスト)を
たっぷりと振りかけます。

お好みで、栗の渋皮煮をトッピング。

完成です☆


モンブラン専用の口金を持っていなくても
絞り出しがうまくいかなくても

この方法なら
正当な(!?)モンブランが作れちゃいますよ♪

是非お試しくださいね!



posted by chako at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

レッスン終了です

予報と違って、小雨が降りだして寒いです。

でも、午前中はお日様も出たので
レッスンにいらしてくださる時は安心でした。


今日はいつも来てくださる6名の方々♪
ホントに楽しい方々で、笑いが絶えません^^

今日のレッスンメニューは

・ モンブラン 〜ロングタイプ〜
・ ピーチヨーグルトのスコップケーキ


モンブランは、
スタイリッシュなロングタイプで作りました。


今日、私、写真を撮らなかったので
先日マカロンさんのおウチに持って行った写真を。。。

012-02.jpg


この細長いモンブランを
2人一組になって戴いて、お作り戴きました。


使った材料は、コチラです。

DSC_0351-1.jpg

生クリーム 3パック
マロンピューレ 大・1缶 (870g入り)
栗の渋皮煮  大・1瓶 (固形・約30個)
ラム酒、その他。。。

かなりの材料ですね!!
さすがに私も一度にこんなに沢山使ったことはありません^^;


モンブランは、まず卵4個でジェノワーズを作り、
それを4本に細長くカットしました。

一つは、私が見本で作りました。
組み立ての手順を見ていただきながら
皆様にお作り戴こうと^^

作り方は20日に書いたブログと同じです。


他の3本は、2人一組のペアで仲良く組み立て♪

遠慮しながらも、楽しい突っ込みをちょこちょこ交えながら
楽しく作っておられました♪

モンブランはトラブル続き。。。と書いたのですが
今日もトラブル、ありました^^;


いつもはない栗の粒が今日は沢山あって
絞り出しが上手くいかず
裏ごしをし直しての作業となり
皆様には頑張って戴きました。。。

でも、その粒を綺麗に取り除いたら
ちゃ〜んと絞れて歓声が☆
こんなことでも盛り上がって楽しい雰囲気でした♪


今日は、上の写真より
もう少し沢山の渋皮煮を載せて仕上げをして
半分にカットしてお持ち帰りいただきました。

自転車でお越しいただいた方もいて。。。
帰り大丈夫だったでしょうか??



もう一つのメニュー

・ ピーチヨーグルトのスコップケーキ

o0365054010813046990[1].jpg


これも、モンブランと同じくジェノワーズを焼いて
フルーツクリームを作って組み立てたケーキです。
今日は大きなガラスの容器で作って、
名前の通り、大きなスプーンですくって取り分けました。

簡単ながらも、さっぱりとしたクリームが好評でした♪
本当に簡単なので、お子様と一緒に作ってもいいですね。



今日は2回ジェノワーズを作ったので、
私の説明&混ぜ方に
「目から鱗が落ちまくり〜」 と感激していただいたし
皆様、スポンジの苦手を克服して
くださったのではないでしょうか??

次回は 「クリスマスっぽいケーキ」 のレッスンです。

実は、まだ決まっていなくて。。。
また直前まで格闘するのかな??
頑張ります!!
次回も楽しみです♪


レッスンをすることは
一人で作る時と違って、いろいろなことが必要になってきます。

やはり、しっかり基本を押さえておかないといけないですし
教える側として、どーんと構えることも必要です。
(コレ・まだちょっと苦手なのですが^^;)

でも、楽しく作れなくては嫌なので
毎回楽しい雰囲気でレッスン出来ることに感謝しています。


明日もモンブランを作ってプレゼントです。
味見と称してかなり食べちゃってます^^;
食欲の秋・貯め込む冬。。。怖いですね。



posted by chako at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。